警備員育成プログラム

警備員トレーニング

ALSOK BASSの警備員は全員政府発行のKTA SATPAM (警備員証)を所持しています

弊社の警備員は、独自の警備員育成プログラムに合格した者だけに発行されるインドネシア政府認定の KTA SATPAM (警備員証) を持ち、お客様に安心、安全をお届けしております。

  • ステップ1
    体重検査身長、体重、視力検査

    当社規定に満たない者は資格対象外となります。色盲検査も行います。


  • ステップ2
    体力テスト知力・体力テスト

    知力・体力ともに合格点に満たない場合は不合格となります。


  • ステップ3
    面接試験指揮官による面接

    最終試験までに行われる厳しい訓練や研修に耐えられるか選別します。


  • ステップ4
    海兵隊で訓練海兵隊での実地訓練(30日間)

    現職の海兵隊員と同様の実地訓練を行います。


  • ステップ5
    警備学校ALSOK BASS警備学校での教育期間(300時間)

    警備実務、警備員の使命、心構えを徹底的に指導します。


  • 最終試験

    この試験に合格して、初めて警備員証(KTA SATPAM)を発行します。



KTA SATPAM とは?

インドネシア政府が発行する警備員証 Kartu Tanda Anggota Satuan Petugas Keamanan の略称。警備員自体がトラブルを発生させるケースはこの証明を持たない、いわゆる自称警備員が引き起こす場合が多いと言われています。


  • 警備員育成プログラム
  • 営業担当ご紹介
  • 経営者からのメッセージ

ソーシャルメディアアカウント

ALSOK BASSとジャカルタの最新情報はここでチェック!

  • 公式facebook